この丸メガネはミュージシャンなの?

音楽ブログを早々に諦め、ゆるめのサブカルブログへ男は舵をきった

本棚という脳内風景の告白

今週のお題「本棚の中身」

本棚のアップ

久々に見る本棚はひどかった

電子書籍派な私の本棚

ここ5〜6年、本はほとんど電子書籍で買っている。
特に小説に関しては、AmazonKindle購入一択だ。
今さら説明不要だが、電子ブックリーダー・Kindle paperwhiteが、小説を読むにあたり本当に優秀なためである。

ちなみにさっそく脱線すると、最近Kindleで買った小説でダントツに良かったのは、町田康の「告白」だ。

 

町田康の告白

ゴールデンウィークに読んでいました

 

「告白」を読んだきっかけは、3年前に朝日新聞社が行った「識者120人が選んだ平成の30冊」という企画の記事を、今さら読んだことだった。

そこで3位にランクインしていたのがこの「告白」だったのだ。
(1位が村上春樹の「1Q84」、2位がカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」)

1位と2位を見る限り、うん?感のすごいランキングではあるが、それでも「識者120人が選んだ」という実にお上品な企画に、パンクロッカー・町田町蔵の過去を持つ町田康がランクインしているのは痛快であった。

もともとおれは町田康が大好きで、「くっすん大黒」から「きれぎれ」までの初期作はもう何十回とループしている。
が、それ以降の作品はなじめないところが多く、名作と名高い「告白」も未読だった。

まあ脱線が過ぎるからそれはいいとして、今週のお題である自分の「本棚」を久々に覗いてみた。

本棚は私の脳内の具現化だった

私の本棚

これが私の本棚

久々にじっくり見る本棚はひどかった
写真で撮ったことにより、改めてひどさに気づいた。

まず見ての通り、手前の本はなぜかすべて横倒しで納められている。
そして写真では見えないが、奥に隠れている列は、なぜかしっかり縦置きだ。
なんでこういう置き方をしているのかは、持ち主がわかっていないのだから誰にもわかるはずがない。

本の向きから、ジャンル、作者の並びにいたるまでもちろんバラバラ

「忌中」という自死をテーマにした車谷長吉の超絶ヘヴィーな本の下に、100パーセントの恋愛小説「ノルウェイの森」があり、その下に「もっとソバ屋で憩う」というほのぼのお散歩ガイドがある親和性ゼロの並びだ。

Kindle内での整頓された本の並びに慣れた今、情報がカオスすぎて目眩を起こしそうな本棚である。

ただ、写真を見ているうちに思ったが、きっとこれがおれの脳内なのだろう。
部屋は自身の脳内風景の具現化だと聞いたことがあるが、それは本棚も同様なのである。
この雑多な文学が雑多に入り混じって、おれという人間が作られているのだ。

そう考えると、この置き方・作者・ジャンルがランダムに並んだ本棚も、このままでいいかという気がしないでもない。

それでは今日はおやすみなさい。
ではでは。

と、強引に良い感じに終わらせようとしていたら、写真を見てもうひとつ気づいてしまった。

 

町田康の告白

あれ?

もう持ってたのね。
告白。

 

僕の靴になってください!トリッカーズのカントリーブーツ

今週のお題「人生で一番高い買い物」

エイジングされたトリッカーズのストウ

私の履いてきた靴史上、もっとも高価な一足がこのトリッカーズ のカントリーブーツだ。
M5634 ストウ(STOW)というトリッカーズを代表するモデル(※シーシェイドカラーの同デザインモデルはM2508 モールトン)で、もう何年にもわたる相棒である。

トリッカーズはご存知の通りファッショニスタ御用達、だけではとどまらず英国王室御用達である『ロイヤルワラントを授かっている、由緒正しき英国靴のブランドである。

トリッカーズとはどんなブランド?

トリッカーズ(Tricker′s)は1829年に創業した、革靴の聖地・ノーサンプトン最古の歴史を持つシューズファクトリーである。
そのクオリティの高さから、先の通り『ロイヤルワラント(英国王室御用達)』を授かっている、名実ともにイギリスを代表する靴ブランドのひとつである。
「美しき戦車」とも評される、エレガントさと重厚さを兼ね備えたデザインで、世界中のファッションフリークから支持を得るブランドである。

精巧なウイングチップと美しいメダリオン(穴飾り)。
手間隙かかるグッドイヤーウェルト製法による優れた耐久性。

ベンチメイドと呼ばれる男心をびんびんにくすぐる制作過程(一人の職人がベンチに座って丹精こめて作る。靴には制作を手掛けた職人の名前がサインされる)を経て生まれるこの傑作ブーツは、その頑強な作りから一生ものとされ、一度手にしたら簡単には手放せない魅力にあふれた靴である。

しかし、この名作ブーツを一度手にして簡単に手放した男がいる。
それがおれの長年の友人・Yだ。

彼のおかげで、おれはこの一生もののブーツを手に入れることができた。
そう、彼はこの名靴トリッカーズのカントリーブーツを、一生どころか一度履いただけでおれに譲ってくれたなのだ。

続きを読む

おれのバンクシーがシュレッダーにかけられた日

今週のお題「ホーム画面」

バンクシーの壁紙

私のホーム画面はガスマスク

ホーム画面のバンクシー

スマホホーム画面の背景はもう何年も変わっていない。
もう何年もずーっとガスマスクを着けたカップルの絵だ。

病める時も健やかなる時もいかがわしいコンテンツを検索する時も、おれのホーム画面はいつだってガスマスクだった。

最初に見たときに「うおー!」と衝撃を受けた絵で、今でも好きだからこそこの画像を設定し続けている。
ただ好きではあるのだが、この作品に対する思いはここ数年でなにげに複雑に変化もしている。

それはこの作品を描いたアーティストの知名度近年爆上がりしたことによって起きてしまった、望まざる気持ちの変化だ。

そのアーティストの名は"バンクシー"
謎に満ちた世界的なグラフィティアーティストだ。

 

バンクシーの有名作品フラワー

続きを読む

デニムへの異常な愛情。または私は如何にして不満を止めてジージャンを育てるようになったか

色落ちしたA.P.C.のジージャン

ジージャン(デニムジャケット)は扱いづらいからこそ愛おしい

ジーンズも好きだが、ジージャンも好きだ。

ただジージャンは意外と敬遠されがちなハードル高めのアイテムでもある。
その理由はすごくわかる。

・なにげに主張が強くコーデが難しいところ。
・暖かい日に着ると暑すぎて、涼しい日に着ると寒すぎるという中途半端な機能性によるところ。
・デニム素材でありながら育ちづらいというエイジング好き泣かせなところ。
とまあ、わりと致命的な弱点をいくつか持っている。

ジーンズの万能性と比べると、同じデニム素材で作られているとは思えないほどの弱点だらけの服だ。

ただ覚悟を決めて一度つきあいだすと、上記の欠点はすべてジージャンへの愛に変わる。歪んだ愛ほど強いのは人の性だ。

今回はメンヘラデニム野郎である私の、ジージャンとの良い付きあい方のお話です。

ジージャンの弱点:コーデが難しいところの解決法

答えはこれ。
「とにかくパンツをベージュかブラウンにしとけばコーデはまとまる」


これはデニムの青色との相性の問題で、パンツをとにかくベージュだカーキだ茶系の色を合わせておけば、コーデは落ち着くべきとこに落ち着くらしい。

カラーコーディネーターの資格を持っていると言い張るASIMO似の友人に聞いたから間違いない。

ファッションの重要度は『カラー>シルエット>装飾』だ。
カラーの相性さえ間違えなければ、とりあえず65点は確保できる。

続きを読む