この丸メガネはミュージシャンなの?

音楽ブログを早々に諦め、ゆるめのサブカルブログへ男は舵をきった

伝説の文学賞「YahooJapan文学賞」へ挑戦したあの日

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

 

小説サイゴー君

 

はてなインターネット文学賞」というワードと「記憶に残っている、あの日」というワードで、心の奥に封印していた記憶がとつぜん甦った。

それは、10数年前にあった「YahooJapan文学賞にまつわる記憶だ。
YahooJapan文学賞とは、あのヤフー株式会社があの小学館と組んで、かつて大々的に開催していた文学賞である。
10数年前、おれはその賞に応募した。
挑戦したのは2007年に開催された第二回だ。今調べたから間違いない。

10数年前のあの時、おれは若かった。若いゆえにこじれてもいた。
働かなくても許されるぎりぎりの年齢を盾に、明るい引きこもりという斬新なジャンルの生き方をしていて、とにかく時間とエネルギーを持て余していた。

で、さすがにやばいなと自覚症状もでてきた中で、その怠惰な状況を劇的に変えるきっかけになればと思い、YahooJapan文学賞への応募に至ったのだ。

よし社会に出て働こう。とはならないあたりが実におれだ。

YahooJapan文学賞を選んだ理由

数ある文学賞の中で、なぜYahooJapan文学賞(以下ヤフー文学賞)に応募しようと思ったのか、その主な理由は3つある。

1. 対象が短編小説だった

まず対象が短編小説であったことだ。
これはおれみたいな一度も小説を書いたことのないビギナー作家にとってすごく重要だ。
完成させるにあたり気合と根性が長編ほど必要ない上に、つたないテクニックのメッキが剥がれる前に逃げ切れる可能性が高いからだ。

2. 2作品が受賞する

ヤフー文学賞の受賞作は、別々の選考方式で2作品が選ばれる。
他の文学賞ではなかなかないシステムで、読者からの投票で選ばれる賞と、審査員が選ぶ賞との2作品が受賞となるのだ。

検索エンジンの権威として一般ユーザーへの強い訴求力を活かしつつ、文学賞としての権威も実現したい思惑がうかがえる、実に欲ばりさんの構成だ。
まだ自分の作風さえわかっていないおれにとって、これはプラスだった。
ヤフー文学賞には相当な数の応募が見込まれるが、それでも別々の視点から賞が2作選ばれることは、どんなボールを投げてもどちらかがキャッチしてくれるのではという安心感がある。

ちなみに第二回目の選考員は、芥川賞作家である阿部和重氏だった。
おれは阿部氏の作品を未読だったが、そのどこか醒めた鋭い眼光の写真から「クセがすごそうだな」と思ったのを覚えている。
第一回目の審査員だった石田衣良氏と比べ、一筋縄ではいかないチョイスをしてくるタイプに思えた。
あくまで顔写真からの印象である。

3. Yahooのトップページで大々的に宣伝される

で、最後の理由は、できたばかりの文学賞とは思えないスポットライトのまばゆい輝きだ。

ヤフーが主催しているので当然ではあるが、賞の最終選考ともなるとヤフーのトップページに投票用特設サイトのリンクが貼られ、投票期間中は連日ヤフー上でPRされる。
もちろん受賞作が決まった際には、ヤフーニュースにその名が踊る。
これはすごい。
テレビを凌ぐ巨大媒体で、芥川賞直木賞と同列に扱われるのだ。
第一回目を受賞した若い女性も、インタビューを受けたり、地元の新聞で取りあげられたりと素敵なことになっていた。

以上の理由から、おれはヤフー文学賞を狙うことにした。

続きを読む

ダウンタウンとゲリララジオを混ぜたらかっこいい曲になりました

水曜日のダウンタウン風画像

水曜日のダウンタウンテイストのむだに凝ったジャケット画像

マッシュアップ という手法で新しく曲を作った。

で、制作過程でテンションが上がってしまい曲を作るだけでは飽き足らず、動画用のジャケット画像まで作った。

今回作ったのは大好きなダウンタウンやってたユニット「芸者ガールズ」の「Kick & Loud」と、大好きなアメリカのミクスチャーバンド「Rage Against the Machine」のゲリラ・ラジオのマッシュアップ曲だ。

曲名は安易にゲイシャラジオ」にした。なんか妙にかっこよく仕上がった。
おれは早速YouTubeにアップした。

ゲイシャ★ラジオ】

youtu.be


もちろん著作権うんぬんの関係から、この音源での収益化はできないし正式なリリースもできない。
だが求めていたのは、意外性とかっこよさオンリーなので問題ない。

ちなみに、なんでこのゲリラ・ラジオをベース曲に選んだのかと言うと、単純にラップに合わせやすく、かっこいいからというのが一点。

もう一点は、水曜日のダウンタウンを観ながら曲を作ったからだ。

続きを読む

ついに連載再開!頼むからザ・ファブルは4巻まで読んでくれ

今週のお題「一気読みした漫画」

 

ザ・ファブルと岡田くん

2度目の映画化もされ実にタイムリーな話題作

ザ・ファブルの魅力について書きます

岡田くん主演の実写映画の第二弾が封切られ、さらに連載再開のニュースもあり、今一番タイムリーな話題の漫画『ザ・ファブル』について語ろう。

ちなみにおれは原作主義だが、とはいえ映画の出来をどうこう言うことはない。
岡田くんが好きだからだ。

ザ・ファブルはけっこう厄介で、一見おもしろさを伝えやすそうに見えて、実はめっちゃ難しい系のやつだ。
喫煙所で人にファブルを勧めようとしたものの、全然うまく伝えられず、むおーむおーと、もどかしさの声をあげた人も多いだろう。

おれももちろん、もどかしさで身をよじった経験がある。
なので、今回もうまく魅力を説明できる自信はまったくない。
が、うまく説明できなくても失うものはないので、果敢に説明しようと思う。

ちなみに例によって、ネタバレはほぼしないと思います。ネタバレに費やすほどのやる気がないのと、そもそもネタバレさせる意味があまりないマンガだからだ。

ザ・ファブルのあらすじ

あ裏社会で寓話同様に都市伝説化している天才的な暗殺者・ファブル。
ボスから、殺し屋を休業し大阪で一般人として1年間だけ普通の生活を送るという指令を与えられ、同じ組織に属するパートナーの洋子と共に「普通の生活」を始めることとなる。
佐藤明という偽名を使い、洋子と兄妹として大阪に住みはじめ、平和な日常を楽しむふたりだが、いつしか次々とトラブルが舞い込んでくるようになり……

とまあ、こんな感じのストーリーだ。

ほら、まずここから食いつきが悪い。上のあらすじを見て、そこそこ色々なマンガや映画を経験してきた大人はこう思うはずだ。
ありがちだねと。

続きを読む

feat.を人生で使う日がくるなんて思っていなかったよ

お題「#この1年の変化」

ROPEジャケット

自粛生活をきっかけにハマった音楽制作

生きていると何が起こるかわからない。

未知のウイルスで社会情勢が大混乱し、生活様式ごと変化が訪れるなんて、デロリアン2019年のおれへ伝えにいったとしても、おれが信じてくれるかわからないくらいの変化だ。

『今日ドライブしてたら、銀色の車から怪しいメガネが降りてきて「マスク買っとけ」「トイレットペーパーは絶対に切らすな」と意味不明なことを言われた。ニュータイプのあおり運転か』

そう日記やTwitterに書く程度で、まともにとらえない可能性のほうが高い。それくらいの非現実的な変化だった。
このニューノーマルな生活に、不満や不安やグチは尽きない。ただネガティブなことばかり言っていてもしょうがない。

それに不要不急の外出禁止を余儀なくされたこの異常な自粛生活が、おれにポジティブな変化をもたらした部分もある。
DTM、つまり音楽制作へのどハマりだ。


前からちょこちょこピコピコと触っていたDTM(パソコンを使った音楽制作)だが、狭い我が家でひとりで遊ぶしかない自粛生活をきっかけに、どっぷりとその沼へとつかることになった。

去年春から夏にかけコンプだEQだのミックス知識を蓄え、曲想を練り、2020年9月にHipHopなのかなんなのかわからないガチャガチャしたアルバムを出した。
予想外に売れた。
で、それがまわりまわって今回、とある歌姫と共に初めてのラブソングをリリースすることになった。

自分が真顔でフィーチャリングとか言い出すなんて、1年前は思いもしなかった。
ただ何がきっかけにせよ、新しい経験をするのは良いことだ。

初対面の歌姫とフィーチャリング曲をリリースするまでの迷走

この曲の原型を作ったのはだいぶ前だ。
ラブソングといっても、このこじらせメガネはストレートに愛を訴えることをしたがらない。

で、やはりできたのは、いびつな愛の歌だった。
とらえようによっては、意味がわかると怖い歌になりかねない歌詞だったが、おれはけっこう気に入った。
曲名は、歌詞に出てくるアイテムから『ROPE』と名づけた。
それがこれ↓である。

【ROPE feat.詩歩】

 

youtu.be



穏やかなメロディーに、悲しみと喪失感と安堵感が混ざったリリックが特徴のこの曲は、響く人には響くだろうなという、ある種の魅力があるように思えた。
が、作るだけ作っておいて、ここで困った事態が起きた。

いかんせんおれのとち狂ったボーカルでは、この繊細な歌をまったく歌いこなせないことに気づいたのだ。

「この子、本当に私の子かしら?」
そう首をかしげるほど、自分の遺伝子と異なる我が子を前に、おれは途方にくれた。
そして、こいつは手にあまると判断したおれは、パソコンのフォルダの奥底にこの曲を封印した

そしておれはシャイニングスターな歌姫・詩歩の声に出会った。

で、時はたち、ある日曜日の深夜。
おれはいつも通りの休日を終えようとしていた。

「寝たら月曜がくる。寝たら月曜がくる。」
サラリーマンの悲しい習性だ。
寝ることによって、休日に自らとどめを刺してしまうという謎の思想に支配されているおれは、寝落ち寸前の中、なんとか日曜を長引かせようと奮闘していた。


で、いつものようにYouTubeをはじめ、片っ端からネットをさまよう中で、おれは「詩歩」というボーカリストの存在を知ってしまった。

その声におれは衝撃を受けた。

ちなみにおれは、自分のボーカルにはすこぶる評価が甘い、というか、こちとらサラリーマンですがなにか? くらいクオリティに対して無責任に開き直っているが、人のボーカルのときは割とシビアだ。特に女性ボーカルにはうるさい。

技術の高い、いわゆる上手い人間はいっぱいいるが、大事な要素は技術より声質だ。
高音がどれだけ出せるかなんてどうでもいい。

で、詩歩嬢のあどけなくも芯があり、普通に歌うだけで儚い切なさが漂うその声を聴いたとき、直感的におれは思った。
あの封印していた曲を歌うのは、この人しかいないと。


youtu.be

 

ちなみに詩歩嬢は「シャイニングスター」という、YouTube等で定番化しているアニソンライクな曲の歌い手として知られているようだ。
シャイニングスターはポップな良曲である。しかし、おれが惹かれたのはオリジナル曲の「そっくりだね」の歌声だ

最初に『そっくりだね』のボーカルを聴いたときは「これだよ!」と思った。
続いて、『シャイニングスター』を聴いたときは「そっちじゃないよ!」と思った。

これまじで同じ人が歌っているのかと思うくらいギャップを感じたが、それくらい表現力に幅があるボーカルということもわかった。
頼む前から、超頼もしい。

そしておれは気持ち悪いDMを送った。

おれは詩歩嬢のTwitterを探しだし、日曜の夜中にもかかわらずDMを打った。

『いま偶然詩歩さんを知った者です。走りました電撃が! この曲をうたってください。もうあなたしかいない』みたいな内容の、興奮と気持ち悪さがビンビンほとばしる文面だった。これにノイズまみれのデモを添付して送った。

とはいえ、近況を見る限り、しばらく本格的な活動を休止していると思われる詩歩さんだ。キモい文章をさっ引いても、まあシカトだろうなという諦めもあった。

しかし、ものの1時間もしないうちに彼女から返信がきたのだ。
「ぜひ歌わせてほしいです」と。

「おおう、ジーザス…」
おれは天を仰いだ後、「もうキャプチャとりました。今の発言は取り消せませんから」と書きたい衝動を抑えて、「ありがとうございます!」と返信した。


で、その2週間後、おれは詩歩嬢とスタジオに入り、使い方のわからない機材を前に右往左往しながらなんとか録音に成功した。


そしておれは初めてづくしの曲をリリースした。

そんな流れで、初めてのラブソングにして、初めてのfeat. おまけに初めてコンプラ的にセーフな曲、『ROPE』がリリースされた。

最初の構想ではキレッキレのラップで歌中にカットインしようと計画していたのだが、KYメガネの嫌がらせコーナーにしかならないことに気づき、おれは無言を貫く判断をした。

結果、大正解だった。

各音楽ストリーミングサービスで配信中なので、ぜひぜひ聴いてみてください。
おれが興奮しながら語っている彼女の声の魅力が伝わると思います。

ではでは。

 

linkco.re