この丸メガネはミュージシャンなの?

音楽ブログを早々に諦め、ゆるめのサブカルブログへ男は舵をきった

RADIOHEAD NIGHTへようこそ

RADIOHEAD NIGHT −レディオヘッドナイト−とかいうイベントがあるらしい。

最近、自分で書いていたレディオヘッドの記事に触発されて、レディオヘッド熱が高まりつつある。

セカンドアルバムのThe Bends以降のすべてのアルバムをこの1週間で聴いたのではないだろうか。

やっぱりおれはRADIOHEADが好きだ、と改めて再確認した1週間だった。 ちなみに1stアルバム、パブロハニーをなかったことにして一切聴かないのは愛ゆえだ。 トム・ヨークもそれを望んでいるはずだ。 あのアルバムは、ほとんど中2の深夜の日記だ。


おれはレディオヘッドを、主に通勤の行き帰りに聴くことが多い。 fenderの10万くらいする高級ワイヤレスイヤホンが2日で壊れて、全世界を呪いまくっていたおれの荒んだテンションに、レディオヘッドの音楽性はうまくフィットした。

しかしやはり音楽の力は偉大だ。 地下鉄に並ぶサラリーマンたちの見慣れた背中も、トム・ヨークの歌声をバックに眺めると、深みのある濃い陰鬱みが出てきて、誰がいつホームに飛び込んでもおかしくない景色に変わる。

背中からそんな不幸な視線を送られているのも知らず、サラリーマンたちはそれぞれの職場へと向かっていく。

RADIOHEAD NIGHTとかイベントが渋谷であるらしい

まあそんな感じでレディオ漬けの日々を送っているおれだから、グーグルの検索もレディへ頻度が高い1週間だった。

優秀なgoogle AI はおれの動向を即座に見抜き、おれに有益な情報を送ってくるようになった。 大体いつもは「婚活パーティー」か「出世」か「増毛」みたいな、おちょくるような内容ばかり送って怒りをもたらしてくるグーグルだが、今回初めて有益な情報を送ってきた。

それがそう、RADIOHEAD NIGHTだ。


こういうイベントの話題になると、いきなり斜に構える奴いるでしょ。

「あーおれ、そういうのいいんで」とか、それさえ言わないで「おつかれーっす」って帰宅する奴いるじゃないですか。

まあ、思いっきりおれなんですけど。

ただこれはツンデレ心理が働いているだけで、行ったら行ったで結構楽しむんですよ。 だから気になるレディオヘッドナイトとやらが。

初めて聞いたから、今年2019年が初回だと思っていたが、どうやら過去に何度かやっているらしい。 で、なにをやるかっていうと、当日はOASという(オースって読むのかな?)RADIOHEADトレヴュートバンドのライブもあって充実の内容のようだ。

LIVE: OAS - Radiohead Tribute Band DJ: じゃあくねこ / 電柱茂美 / 村田タケル VJ: CHIHIRO / PBMF FOOD: CAFE:MONOCHROME
Radiohead公式グッズの販売 ●コレクター、レアアイテムの展示 ●Radioheadメンバーが日本のファンに向けてかいてくれた直筆メッセージの展示。 ●ジョニーがライブで実際に使用していた楽器、サイン入りギター等の展示。 ●セットリスト100枚展示。
まあ出てくるメンツは誰もわからないんけど、なんだかワクワクしてくる。 レディオヘッドが好きな連中はきっと暗い奴らばっかりだろう。 馴染めそうな気がする。
3年ぶりの東京。そして関東では初のライブハウスでの開催です。 OASは昨年から念願叶ってRadioheadと同様ツインドラムの6人編成となりました。 今回のライブはOAS結成15周年記念ということで120分のセットリストに挑みます。

なるほど。

ライブの後はRadiohead Night恒例のケーキタイム。 Radioheadのキャラクターでおなじみの白いベアがケーキをもってやって来ます。 この時間は少し音量を下げ、ケーキを食べながら話をしたり、ちょっとした楽器の試奏体験、展示物などをお楽しみください。

いや、いらんて。

こういうの、いらんでしょ。 少なくともレディオヘッド好きな奴らって、白いベアがケーキ持ってきてヒャッホーってなんないでしょ。 あと白いベアって、あいつ名前あいまいすぎるでしょ。

おれの思い描くレディオヘッドナイトは、BURN THE WITCHを流しながら、 みんなでロウソクの明かりを囲んで円になってEXIT MUSICと共に、生々しい憎悪や欲望とか現代人ならではの心の闇を吐き出して、最後に白いベアーが緑のドロっとした謎のドリンクを運んできて、VIDEOTAPEが流れる中、みんなで静かに泣きながらそれを飲むみたいな、そんな感じなんだけどなあ。

って、プロデュースを考えだした時点で、もうこのイベントに心を奪われている証拠なんだろうな。 皆さんもぜひ行ってください、RADIOHEAD NIGHT

ちなみにこの記事からイベントチケット買っても、僕には一銭もはいりません。完全にボランティアです。 これはイベント、そしてレディオヘッドに向けた僕のささやかなエールとお礼です。

Thank you very very very very very very very...

↑見て、2003年サマソニのCREEPっすね! って笑いあえる素敵な空間になりますように