この丸メガネはミュージシャンなの?

音楽ブログを早々に諦め、ゆるめのサブカルブログへ男は舵をきった

その動物を見てAは白い馬と、Bはいや黒い馬だよと言いました

今週のお題「祝日なのに……」

ピノコのアッチョンブリケ

アッチョンブリケですむ損感ならまだ良し

 

タイトルの馬の伏線は後々回収します。

 

はてなブログ
今週のお題は「祝日なのに……」です。

祝日が土曜日に重なってしまうと振替休日が発生せず、ちょっと損した気分になりませんか?

 

ちょっと待ってくれ。

知らなかったよ。
昨日の土曜日が、春分の日だなんて知らなかったよ。

損した気分になりませんか?


なったよ。
今なった。
知ったことにより、損した気分になった。


人間は不思議な生き物だ。
昨日が春分の日だと知らないままでいれば、おれは損した気分も味あわずにすんでいた。
知った前後で、おれの状況はなにひとつ変わっていないのにだ。

こういう時、記憶を消せるアプリがあったら便利だなと思う。

「ヒマでオーバーなメガネだな」
読者はそう思っただろう。
ヒマなのは当たっている。
だが決してオーバーではない。

春分の日からの幸福論

これ春分の日だからまだ「ちょっと損した気分」ですんでいるけど、状況が状況なら、人生観を左右するほどの事態になる。

最上級の例でいくと、
ふとやってみた競馬で三連単を的中させ概算1,000万円以上をゲットした直後、その当たり馬券をうっかりシュレッダーにかけてしまった、としたら。

発狂だ。
ブラックジャック先生に3億払って記憶を消してもらいたいくらいアッチョンブリケなトラウマになる。

「よく考えてみろ、馬券売り場に並んでいた時と、シュレッダーにかけた後で、財布の中身は何も変わってねえぞ。まあ飲め。飲んで忘れろ。飲んだらぜーんぶ夢」

そう肩をたたいてくるワンカップおじさんがいたら、殴りかねないくらいの「損した気分」だ。

とはいえ、おっさんの言ってることは間違っていない。
その通りだ。馬券を買う前後でおれの状況はなにひとつ変わっていない。

そして馬の話へいく

人生は捉え方次第で、いくらでも形を変える。
そして2021年現在、記憶を消すアプリはリリースされていないが、意識の持ち方次第で物事の捉え方を変えることはできる。

檻の中に入った動物を見て、Aは白い馬だと言いBは黒い馬と言ったという、友人のATSUSHIから聞いたどこかの国の小話を思い出した。

檻の中にいる動物がシマウマとわかっていながら「白い馬がいるね」と言える人は、幸福になれる才能を持っている人でしょう。

"檻のシマウマ
白でメシウマ
消すぜトラウマ
イェーイェーイェー"


あ、発狂したわけでなく、私はいちおうラッパーもやってるので。
ではでは。

Copyright © 2020 memento-mori3 All Rights Reserved.